長寿祝いの時期と由来と花贈り

長寿祝い

長寿祝いは、人生の大きな節目とも言える60歳の還暦から始まります。

昔は10年おきに祝ったとされていますが、現在の長寿祝いはもう少し小刻みにお祝いの年が存在しています。

 長寿祝いとは?

長寿祝いとは、言葉の通り長生きしているおじいちゃん、おばあちゃんたちお年寄りを祝うお祝いのことです。

長寿祝いで、初めにお祝いされる年齢が『満60歳』で『還暦』といいます。

これは一般的で有名なので一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

還暦の語源は、ネズミ(子)から始まりイノシシ(猪)で終わる12支の干支が1周回って先頭に還ることに由来しています。(12×5=60で干支が5周して暦の先頭に還る)

長寿祝いでは60歳の還暦以外にも100歳を超えて節目ごとにいくつか長寿をお祝いする年があります。

還暦で赤いちゃんちゃんこを着る理由

赤いちゃんちゃんこ

還暦祝いには赤いちゃんちゃんこや赤い頭巾などを贈ってお祝いすることが一般的になっています。

この赤い色がテーマカラーになっているのにはちゃんと理由があります。

昔は、生まれたばかりの赤ちゃんに魔除けの意味を持つ赤い色の衣服を着せていました。

還暦で60歳を迎えた人は仕事も一旦落ち着き社会的に大きな節目を迎えます。

その還暦を迎えた人が生まれ変わったように新たな気持ちで新たな人生を始められるように、生まれたばかりの赤ちゃんがまとっていたのと同じ赤い色のものが贈られるようになったのです。

長寿祝いの時期と由来

長寿祝いの名称のほとんどはくずし字・草書体がもとになっています。

祝いの名前 数え年 由来・意味
還暦 61歳  赤 十二支である干支が1周回って先頭に還ることから。
古希・古稀 70歳  紫 国語の授業ではお馴染みの唐の詩人『杜甫』の作品「曲江」の一文が元。この詩の中に『人生七十古来稀』という文がありこれが古稀の由来になっている。
喜寿 77歳  紫 「喜」の略字が七十七と読むことができるところから。
傘寿 80歳  黄や金 「傘」の略字が八十と読むことができるところから。
米寿 88歳  黄や金 「米」の字を分解すると八十八という文字になるから。
卒寿 90歳  紫や白 「卒」の略字が九十と読むことができるから。
白寿 99歳  白 「百」の文字から「一」を引くと白、また「100-1」で99になることから。
百賀・百寿 100歳  白 百歳のお祝い。
茶寿 108歳  ・ 「茶」の略字で草冠が「二十」に、その他の部分が「八十八」に分解でき、この二つの数を足すと108になることから。
皇寿 111歳  ・ 「皇」の文字を分解すると「白」と「王」になります。「白」は白寿より「99」、「王」は分解すると「十」と「二」になり「12」。

「99+12=111」となることから。

昔寿・大還暦 120歳  ・ 「昔」の略字が「二十」と「百」に分解できることから。

また、65歳を迎えたお祝いとして緑寿と呼ばれる節目も存在します。

数え年と満年齢とは?

最近の長寿祝いは満年齢で祝うのが一般的になってきましたが、以前までは数え年で祝っていました。

数え年と満年齢は年齢の数え方です。

・『満年齢』の年齢の数え方・

満年齢の数え方は、現在一般的に使われている年齢の数え方です。

生まれた瞬間を0歳として、翌年の誕生日を迎えると1歳になります。

・『数え年』の年齢の数え方・

数え年の年齢は、満年齢の数え方と違い生まれた瞬間を1歳として数えます。

年齢の増え方も満年齢と違い、新たな年の始まりである1月1日を迎えると2歳になります。

長寿祝いに送るオススメな花は?

花贈り

長寿祝いでは、家族が集まっている場面で渡すことが多いと思うので手渡せる形の花束やアレンジメントなどがおすすめです。

花の種類には特に決まったものは無く、好きな花があればそれ贈るのが1番ですが、特にない場合は「好きな色は何色か」、「今どのような状況におかれている人か」など贈る相手について考えてみることが大切。

例えば、渡す相手が花や植物の世話が趣味の方ならば、鉢植えを贈れば世話をする楽しみもできます。

また、現役で働いている忙しい人や体をあまり動かせない人ならば、水やりや掃除などの手間がほぼ必要ないプリザーブドフラワーやアレンジメントなどを贈れば直ぐに飾ることもでき心から喜んでくれるはずです。

造花は少し味気ないですが、枯れる心配もなく手入れは全く必要ないので忙しい人向けには選択肢としてはアリでしょう。

最近では60歳でも若々しくバリバリ働いている方も多いですね。

このような人にはこれからも健康で活動することを願って送ってみると喜んでもらえるかもしれません。

また、80歳や90歳と高齢の方には、これまでの社会貢献や感謝の想いを込めて贈ればきっと喜んでもらえるでしょう。

上で紹介したように、100歳までのお祝いには『還暦には赤色』というようなイメージカラーのようなものがあるので、花を贈る際にこれらの色を基調にして選んで贈るのもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする