将棋初心者が詰将棋の本を買う時に気をつけるポイント

将棋盤

将棋で終盤力や局地戦(一部分の戦い)の実力を上げる時に役立つのが詰将棋です!

この詰将棋の問題が載っている本を買う時に注意したいことが自分の自分の実力がどれくらいかということ。

詰将棋の本を買う時は自分の実力に合った問題が載っているものから始めることがベストです。

1手詰めから載っているものがオススメ

詰将棋の本を選ぶ時、日頃から将棋を指している人は5手詰めくらいから手数が増えていくものや5手詰め以上の特定の手数だけが載っているものを買って解いている方が多いと思います。

しかし、将棋を始めたばかりの人はいきなり5手詰めからやるよりも1手詰め、3手詰めと詰みまでの手数が徐々に増えていくように解いていく方が力が付きます。

それはなぜかというと、

まず、1手詰めを解くことでどういう形なら相手の玉を詰ませられるのか覚えられ、

3手詰めならば、1手加えることで1手詰めの時に覚えた相手玉が詰む形にもっていけるのか。

5手詰めならば、1手加えることで3手詰めで相手玉を詰む形にもっていけるか。

という考え方が身に付くからです。

1手詰めがパッと見で分かれば3手詰めは1手加えるだけの問題であり、3手詰めがパッと見で解ければ5手詰めは1手加えて3手で詰む形に持っていく問題と言えます。

つまり、1手詰め、3手詰めと徐々に手数を増やしてステップアップしていくのが効率的なのです。

かつて、

「1手詰めとか3手詰めとかトバしても大丈夫やろ(笑)」

と5手詰めから始まる詰将棋本を始めに買いましたが、思っていた以上に苦戦。

5手ですら苦戦していることから、もう予想できると思いますが7手になるともうほとんど解けない(;´∀`)

そこで、1手詰め、3手詰めからやっていこうということで、私も1手詰めや3手詰めが載っている詰将棋の本から始めました。

正直、この時将棋自体は時々指して遊んでいたので1手詰めはあまり意味はありませんでしたが、3手詰めをやって力が付いたのか、3手詰めを何回か繰り返した後に5手詰めの問題をやってみると以前よりもスラスラと解けるようになっていてびっくり!!

詰将棋だと駒を捨てて相手の守り駒の位置を変えたり、玉の位置を変えたりすることが多いです。

たぶん解いていく中でこういった詰将棋のコツを理解していたのも大きいと思いますが、3手詰めを以前よりも早く解けるようになったのがなによりも大きな影響を与えています。

詰将棋の本

ちなみに、私が買った1手詰めから解いていく詰将棋の本はこれ。

将棋界最後の十段位であり、ニコニコではアニメ大好き棋士としてお馴染みの高橋道雄九段の詰将棋本です。

1手詰めはある程度形が決まっているので数は少ないですが、3手詰めはそれなりにあり、慣れてくると一番解くことになるであろう5手詰め、7手詰めはしっかりと量があるボリュームゾーンになっています。

よく考えられていますね(。-`ω-)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする