将棋を始めたばかりの人が初心者レベルを抜け出すためにやること

将棋盤

将棋を始めるには、基本となる駒の動かし方と二歩や打ち歩詰めなどの禁止されている行為を覚えるだけです。

勝ち負けを意識しないのであれば、これだけで友人と指したり、ネットで指したりして遊ぶことができます。

ただ運の絡まない純粋な実力で勝敗が決まるので、実力があれば安定して勝てるようになりますし、その反面負けるとかなり悔しいです。

そのため勝ちたいならば、やはり強くなるほかありません。

初心者を一歩抜け出すためにすべきこと

将棋を始めて駒の並べ方と動かし方、禁止行為を覚えた後強くなるためには何をしたらいいのか…。

  • 基本的な囲いを覚える
  • 基本的な戦型を覚える
  • 詰め将棋を解く

などいろいろありますが、正直けっこう量があり時間がかかるので初めのうちはあまり手を出さなくていいと思っています。

やはり将棋を楽しみながら徐々に身につけていくのが一番だと思っているので、最初はとにかく対局回数を重ねるのが手っ取り早いです。

CPUを相手に経験を積む

いきなり対人戦をするのも良いとは思いますが、おそらく始めたばかりだと相手にボコボコにされて何も出来ずに終わる可能性が高いです。

そのため、駒の動かし方を覚えたらまずはネットで無料で遊べるCPUとの対局をするのが吉。

以下に有名なCPU相手の対局サイトを紹介します。

下に向かうにつれて強くなっていくので自分の実力に合う相手から始めるのが良いでしょう。

レベル的には自分より少し強いくらいでやると力が付くと思います。

ちなみに、これは私自身が実際にプレイしていった順番でもあります(`・ω・´)

ハム将棋から始める

ハム将棋

将棋を始めたばかりの人はまずこのハム将棋がおすすめです。

CPUのレベルも低く、序盤にミスをしても中盤から終盤に逆転することもできる強さなので、初めの練習相手にはちょうどいいです。

左下のガイドにチェックを入れると、『相手と自分の各駒が利いている場所』『クリックして選択した駒が動ける範囲』が表示されるので、うっかり駒を取られることなどのちょっとしたミスが減り始めたばかりの方にはオススメの機能です。

ただ駒の利きが見えるようになったら、カラフルで逆に見づらいので使わない方が良いでしょう。

私が対局した感じだと、ハム将棋は棒銀と角を交換するのがかなり好きな気がします。

ハム将棋のページはこちら⇒ハム将棋で対局する

きのあ将棋で様々な戦型に慣れる

きのあ将棋

きのあ将棋は、『入門者向け』、『初級者向け』、『中級者向け』の3つのレベルに分かれており、『初級者向け』と『中級者向け』ではそれぞれ個性のある指し方をするのでいろいろな戦型の経験を積むことができます。

初級者向けのそれぞれの相手に勝ち越せるようになってきたら、中級者向けへとステップアップして着実に実力を上げられます。

強さは、入門者向けはハムよりも弱いですが、初級者向けになるとハム将棋よりも遥かに強いです。

また、多様な戦型で対局できるので面白く、苦手な戦型だけ徹底的に対局をすることもでき非常に便利。

この中級者向けに勝てるようになればだいぶ強くなってると思っていいです。

なので、もう対人戦を始めるのもありですね。

きのあ将棋のページはこちら⇒きのあ将棋と対局する

将皇でさらに磨きをかける

この将皇もきのあ将棋と同じように多様な戦型の中から選んで対局することができます。

戦型の種類は

  • 居飛車
  • 振り飛車
  • 角換わり
  • 矢倉
  • 相掛かり
  • 横歩取り
  • 中飛車
  • 四間飛車
  • 三間飛車

と豊富に揃っており、定跡無しとランダムも選ぶことができます。

きのあ将棋は相手によっては戦型がはっきりと決まらないことがありますが、こちらは比較的に指示した戦型通りにやってくれます。

きのあ将棋では三間と四間の振り飛車を確実にやってくれる相手がいなかったので、振り飛車相手の練習に非常に役立ちました。

体感ですが、レベル3になると「きのあ将棋」よりも少し強いです。

また、終盤問題では終盤力を強化できる詰将棋や終盤から対局が始まる勝ち切れ将棋なども遊べるので非常に楽しめます。

設定

設定で駒の種類や盤の種類の変更ができるのは地味に嬉しいポイントです(。-`ω-)

ブラウザだけでなくスマホアプリでもできるのでかなりお世話になりました。

将皇のページはこちら⇒将皇と対局する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする