お箸の持ち方とマナー&縁起の悪い嫌い箸を解説

箸と箸置き

外国では、スプーンやナイフ、フォークなど様々なものを使用して料理をいただきますが、日本人が食事の時に一番使うものはやはりお箸でしょう。

日本人ならば箸は正しく使えて当たり前という中、持ち方が悪いと「箸もまともに使えないのか」とそれだけで印象が悪くなってしまうこともあるはず。

そこでお箸の使い方を一度振り返ってみましょう。

お箸の持ち方

箸の持ち方

まず、1本を人差し指と中指の間に挟み、もう1本を中指と薬指の間に置きます。

この持ち方が基本で、中指と薬指の間の箸は固定したまま人差し指と中指の間にあるもう1本の箸を動かして使用します。

置いてある箸を持つ時は三手使いで!

箸を手に持つ時の作法として三手使いというのがあります。

置いてある箸を手に持つまでの3手順です。

①右手で置いてある箸の中央を掴み持ち上げます。②持ち上げたら左手で箸を下から支えます。

③左手で箸を支えたら右手を離して箸を持つ位置に持ち替えます。

お箸を使う時にしてはいけない嫌い箸

ストップ

箸を使う時に、一緒に食事をしている相手へのマナーとして、また縁起が悪いとしてやってはいけない使い方がいくつかあります。

これらは『嫌い箸』と言われ、有名なものとして一つの物を二人で掴む行為もこれになります。

縁起が悪い箸使い

拾い箸:箸から箸へ掴んだものを渡す行為。

一度お葬式で火葬場に行ったことがある方は分かると思います。火葬場ではお骨を骨壺に入れる時に二人一組となり、お箸で骨を掴み納めていきますね。これをお骨上げと言います。

拾い箸では、二人で同じものを掴んでいる状態がお骨上げと同じ状態であるため縁起が悪いとされています。

突き立て箸(仏箸):ご飯に箸を突き立てる行為。

亡くなった人の枕元に供えるご飯には箸を突き立てます。これを枕飯と言います。

突き立て箸は、死者へ供える枕飯と同じ行為なので縁起が悪いとされています。

マナーが悪い箸使い

縁起が悪い箸使いの他に、料理を作ってくれた人や一緒に食事をしている相手の気分を害さないためにしてはいけない嫌い箸もあります。

 嫌い箸  動作
刺し箸 料理を箸で突き刺すこと。
せせり箸 箸を楊枝のように使うこと。
空箸 一度触ったものを食べないこと。
ねぶり箸 箸をなめること。
迷い箸 どの料理を食べるか迷い、お皿の上で箸を持った手を動かすこと。
寄せ箸 皿を箸で引き寄せたり、押したりして動かすこと。
かき箸 料理を箸でかきこんで食べること。
重ね箸 同じ料理ばかり続けて食べること。
食いつき箸 箸先を口でくわえること。
探り箸 器の中の料理を箸でかき混ぜること。
握り箸 箸を正しく使わず握って使うこと。
睨み箸 箸を持ったままどの料理にしようかにらむこと。
紅箸 口紅で箸を汚してしまうこと。
渡し箸 器の上に箸を渡して置くこと。料理はもういらないという意味があるので途中では置かないようにする。

探り箸については、お店で出てくる料理は盛り付けもしっかり考えられているので、それをかき混ぜて崩してしまわないようにという意味です。

自宅では問題ないものもありますが、ちゃんとした料理店に行った時には気をつけたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする