ロジクールトラックボールマウスM570を使ってみた感想・レビュー

M570tトップ

以前からトラックボールマウスに興味があったので、ロジクールの有名な「ワイヤレス・トラックボールマウス M570」を使用してみました。

これからロジクールのトラックボールマウス「M570」と「M570t」の購入を検討している方に役立つようにメリットとデメリットを紹介したいと思います。

 トラックボールなら寝てても使える

まず、トラックボールマウスのメリットの一つがこれです!

通常のマウスと違いセンサーがボールの内側についているので、トラックボールを動かすだけでマウスポインターを動かすことができます。

そのため、うつ伏せであろうが、仰向けであろうが、肘をついて寝っ転がっている態勢であろうが、マウス自体を動かすのが困難な態勢でも指さえ動かせればラクラク操作できてしまいます。

机の上が狭く、マウスを動かすだけの空間が取れないような状況にもトラックボールマウスはおすすめです。

また、ボールをクルクル回すのが楽しい点もトラックボールの魅力の一つです。(笑)

手首や腕が痛くならない

マウスポインターをトラックボールで操作できるので手首や腕への負荷が減り痛めにくくなります。

通常のマウスだとどうしても腕や手首を動かさなければなりませんでした。

しかし、親指でトラックボールをクルクルするだけなので、手首や腕が疲れてしまうということもなくなります。

3年保証が最大のメリット

このマウスの最大のメリットがこの3年保証です。

たとえマウスが壊れたとしても購入してから3年以内ならば無料で新しいマウスを送ってもらうことができます。

ただ、アマゾンで売っている古いタイプの「M570」には対応していないので、購入する場合は新しいタイプの「M570t」を選んだ方が良いです。

新しいマウスを送ってもらうまでの流れ

マウスが壊れたらサポートにメールで「購入証明」や「保証書」を送って故障の認定をしてもらいます。

これで認定されると新しいマウスが送られてきます。

私の場合は、メールで連絡してから認定してもらい、マウスを送ってもらうまでだいたい1週間くらいでした。

保証が受けられるようにしっかりと保証書は保管しておきましょう。

通販ならば購入証明がどこで見られるのかチェックしておくと良いかもしれません。

 3つのデメリット

チャタリングしてしまう

使い方によって差は出ますが、ある程度使用しているとチャタリングが起こってしまう場合があります。

チャタリングとは、シングルクリックがダブルクリックのように2回クリックされたように認識してしまうような現象のこと。

これは、3年保証があるので調子が悪くなっても無料で対処できます。

マウスのサイズが大きめで手に合わない場合も

マウス比較画像

●右はロジクールの1,000円ちょっとで買えるワイヤレスマウス(M186)

マウスのサイズが一般的なマウスよりも大きめのサイズなので、手のひらの大きさや指の長さによって合う、合わないが出てきてしまうこともあります。

これまで一般的なサイズのマウスを使用していた方は、使い始めの頃は戸惑うかもしれません。

私の場合は数日使っていたら慣れました。

マウスの詳しいサイズは下で紹介しています。

マウスポインターを動かすのはトラックボール操作のみ

トラックボールマウスはセンサーが裏面に付いていないので、マウスポインターを動かせるのはトラックボールによる操作だけです。

トラックボールとマウス移動によるポインターの操作の両方ができるわけではない点に注意。

マウスのスペック

マウスのサイズ

●サイズ

長さ:14,5㎝

幅:9,5㎝

高さ:4,5㎝

●重量:142g

使用電池は単3形の乾電池1本で起動します。

ボール外し後

トラックボールは取り外しが可能。

使用しているとゴミが溜まってくるので時々取り外して掃除してあげる必要があります。

 ボタンのカスタマイズはしなくても問題ない

ボタンカスタマイズ

二つあるボタンとホイールの操作をカスタマイズすることもできます。

初期状態では、上のボタンに「進む」、下のボタンに「戻る」が適用されています。

「その他」を選択するとズラッと操作がたくさん出てきて選択できますが、普通に使うだけならカスタマイズしないままで十分です。

カスタマイズするためにはソフトウェアをインストールしなければなりませんし、少し面倒です。

●カスタマイズソフトウェアもレシーバーを接続するソフトウェアもロジクールのサポートからダウンロードすることができます。

ソフトウェアダウンロードページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする