痔の種類は3つ!!それぞれの特徴と主な原因とは?

痔

痔と言っても実は大きく3つの種類に分けることができます。

それぞれなりやすい年齢や性別が異なっており、また治療の仕方も異なっています。

ここでは、その3種類の痔の特徴と症状を紹介します。

ぜひ、参考にして早めの発見と受診にお役立てください。

痔核(いぼ痔)

痔核

痔持ちで最も多いのがこの痔核(じかく)であり、一般的にいぼ痔と呼ばれているタイプの痔です。

男女ともに痔になる人の半数以上がこの痔核を患っています。

痔核とは、直腸と肛門の辺りにある動脈や静脈がまとまった部分がうっ血し、腫れあがってしまう症状です。

この腫れあがった部分がいぼのように見えることからいぼ痔とも呼ばれるようになりました。

痔核には腫れあがった部分によって2種類に分けられ、肛門側の皮膚にできたものを外痔核、直腸にできたものを内痔核と呼びます。

肛門は皮膚と同じなので肛門側にできる外痔核は痛みがあるのが特徴です。

痔核(いぼ痔)になった場合以下の症状が現れる可能性があります。

●トイレで痛みはないが出血する

●便に血が付着している

●肛門辺りに違和感があったり、残便感がある

4つの進行度に分別される内痔核の症状

○進行度1

動静脈が集合している部分が腫れただけの状態で排便時の衝撃で出血することがあるが肛門の外には出て来ない状態。

出血の量はペーパーに付く程度の少量から流れる程度まで様々。

○進行度2

痔核が大きくなり、排便の時に外に脱出するが排便が終わると自然と肛門の中に戻る。

この状態だとまだ痛みはないが、痔核が大きいと残便感を感じることも出てくる。

○進行度3

さらに痔核が大きくなり、排便時に自然に戻らなくなるので指で押し込まないといけなくなる。

腫れが大きく、肛門の部分まで達すると痛みを伴う。

排便時以外でもお腹に力が加わると痔核が脱出することもある。

○進行度4

痔核が肛門内に戻ることはなく、常に外に出ている状態。

常に痔核が外に出ているので、便や粘液が漏れ出て下着が汚れてしまうようなこともある。

痔核の原因

痔核は主に肛門辺りのうっ血が原因で起こります。

ちなみに、うっ血とは血流が滞って血が溜まる状態のこと。

このうっ血は、長時間同じ姿勢で過ごすことやトイレで思いっきりいきんだり、お腹に力がかかるスポーツや仕事などをしたりしている人に起こりやすいです。

また、便秘などの固い便による傷や、トウガラシなどの刺激物が便として排出されるときの刺激が肛門を傷つけ炎症を引き起こすこともあり、これが痔核発生への原因になることもあります。

裂肛(切れ痔)

切れ痔

肛門の皮膚が切れて傷ついているのが裂肛(れっこう)、また一般的には切れ痔と呼びます。

痔の中で男女ともに半数以上が痔核でしたが、女性の痔で痔核の次に割合が多いのがこの裂肛です。

裂肛は痛みを感じる肛門側の痔なので、排便の度に裂けるような痛みを伴いトイレが苦痛になってしまうことが問題です。

排便の度に痛みを伴うので便意を我慢してしまう方もいるのではないでしょうか。

裂肛(切れ痔)になった場合以下の症状が現れる可能性があります。

●排便の度に肛門が裂けるような痛みが伴う、またその後も痛みが継続する

裂肛(切れ痔)の原因

裂肛を引き起こしてしまう主な原因は便秘です。

肛門の組織は皮膚と同じで少しの刺激で簡単に傷ついてしまいます。

便秘になるとその肛門を固い便がこすりながら通っていくので、肛門が切れたり炎症を起こして痛みを与えるのです。

なかなか出ない便に対して強くいきむことも肛門に付加をかけてしまうので裂肛を引き起こす要因になります。

また、長引いている下痢にも注意が必要です。

便自体が皮膚を炎症さえる物質であり、さらに下痢になると水分を多く含んだ便が勢いよく飛び出し、それが何回も続くと当然肛門にダメージが蓄積されていきます。

下痢で何回もトイレに入っていると肛門がヒリヒリと痛くなったことがある人は多いはず。

裂肛を防ぐには生活習慣を見直して便秘にならないようにすればいいわけですね。

痔ろう(穴痔)

痔ろう

痔ろうは腸と肛門側の皮膚が繋がった肛門腺窩と呼ばれる部分から外側に向けて穴ができてしまう痔のことで、あな痔とも呼ばれます。

肛門腺窩と呼ばれるくぼみに便が侵入し、その便の中の細菌によって炎症が起き膿が発生してしまい、その膿が出口を求め穴を形成していきます。

膿が穴からできると傷は一時的に治りますが、肛門の奥の部分の膿んでいるところが治らない限り再発します。

この痔ろうは男性に多く、男性では痔核の次に多い痔の症状です。

痔ろうになってしまうとほとんどの場合出術が必要になってしまうのが特徴でしょう。

痔ろうになった場合以下の症状が現れる可能性があります。

●肛門から膿が出る

●肛門の辺りに違和感や痛みがあり、高熱が出る。

4つに分類される痔ろう種類

痔ろうには、膿が抜ける通り道のできる場所によって4つのタイプに分けることができます。

肛門の括約筋には、肛門の穴に近い内括約筋と内括約筋の外側にできる外括約筋の2つがあります。

この2つの括約筋と痔ろうの管の位置関係によって分類されています。

○タイプ1

肛門の皮膚と内括約筋の間に管ができるタイプの痔ろう。

○タイプ2

内括約筋と外括約筋の間に管ができる痔ろうで筋間痔ろうとも呼ばれる。

肛門側の皮膚と腸が繋がった部分(歯状線)より上に伸びているものを『高位筋間痔ろう』、下に伸びているものを『低位筋間痔ろう』と呼ぶ。

痔ろうの多くはこの低位筋間痔ろうであり、低位の場合手術は比較的難しくない。

○タイプ3

内括約筋と外括約筋の2つの括約筋を貫き、外括約筋の上部に位置する肛門挙筋の下側に管ができた痔ろうで『坐骨直腸窩痔ろう』とも言う。

タイプ2で紹介した筋間痔ろうの次に多いのがこのタイプです。

○タイプ4

内括約筋を突き抜けた管が外括約筋の上部に位置する肛門挙筋を突き抜けるタイプの痔ろう。

このタイプになるのは稀で『骨盤直腸窩痔ろう』とも呼ばれる。

痔ろう(あな痔)の原因

痔ろうの原因は肛門腺窩に便が入ってしまうことによって起こります。

この肛門腺窩は普通の便は侵入しにくい作りになっていますが、水分を多く含んだ下痢が勢いよく通り抜けるとその僅かな隙間に入り込んでしまうことがあります。

これが痔ろうを引き起こす主な原因です。

つまり、痔ろうにならないようにするには下痢にならないように生活習慣を見直せば良いことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする