神社でお参り・参拝する方法・やり方

鳥居

年明けの初詣で願掛けをしてみたり、旅行で有名な神社を訪れたりと誰しも一度は訪れる機会がある神社での参拝の仕方を紹介したいと思います。

願掛けの効果が出るように正しい方法で参拝していきましょう。

鳥居に入るところから参拝の仕方は始まる

神社の入り口とも言える鳥居は『神社の外である「人間界」と神社の内側である「神域」を分ける境界』となる門です。

神社の内側は神様がいる世界なので鳥居に入るところから参拝は始まっているのです。

参拝・お参りのやり方

①まず、鳥居を通り抜ける前に中央を避けて軽く一礼します。

②鳥居をくぐったら参道を歩いて手水舎(てみずや)に向かいます。参道の中央は正中と呼ばれ神様が歩く場所とされているので、中央を避け脇を歩いていくのが正しい進み方です。

③神様に祈る前に手水舎で禊をしましょう。この時手と口を清めます。手順は以下。

  1. 柄杓を右手で持ち左手に水をかけて清める。
  2. 左手に柄杓を持ち替えて右手に水をかけて清める。
  3. 再度右手に柄杓を持ち、左手の掌に水を落として口をすすぐ。
  4. 最後に柄杓を立てて持っていた柄の部分に水をかけて柄杓も清める。

④拝殿の前まで来たら、まず軽く礼をして鈴を鳴らした後に賽銭を入れます。

⑤続いて2礼2拍手1礼をします。手順は以下。

  1. 90度くらいに腰曲げて深く2回礼をする。
  2. 2拍手をして、その後に両手を合わせて神様に感謝の気持ちを込めて祈る。
  3. もう一度90度くらいの深い礼をする。

⑥少し下がり会釈をして、参道の脇を通って帰ります。

⑦鳥居を出たら本殿に向かって軽く1礼します。

以上が参拝の仕方になります。

⑤の2礼2拍手1礼は出雲大社においては『2礼4拍手1礼』になります。

神社によって違うこともあるので注意が必要ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする