【体験談】胃カメラ検査で胃と腸の状態を確認!!一連の流れを紹介

診察

お腹の調子が長い間悪かったので内科を受信して、食道、胃、十二指腸の状態を確認することができる胃カメラの検査を実際に受けてきました。

これから胃カメラで胃腸を検査する方は参考にしてください(`・ω・´)

胃カメラというと「苦しい・つらい」というイメージがありどんなことをされるのか全く知らないと少し怖いですからね。

少しでも不安が取り除かれれば嬉しいです。

胃カメラによる検査の流れ

検査を受ける前に問診票の記入があります。

これには、糖尿病の有無や薬アレルギーなどいくつかの項目に答えなければなりません。

この項目の中で一つわからないことがあり、質問してしまったことがあります。

胃カメラの検査を口から入れて行うか鼻から入れて行うか

という項目です。

これまで口から入れて検査すると思っていたので鼻からという選択肢に戸惑いました。

聞いたところ私が検査を受けたところでは鼻からを選ぶ人が多いらしいので、私も鼻からを選択。

鼻からだと口が自由に動かせて喋ることができるので、胃カメラの映像を見ながら医師に疑問に思ったところをその場で聞くことができる利点があります。

①点滴と血圧測定

まずは、血圧を測定した後にベッドに横になって胃腸の動きを抑える薬を点滴しました。

この時、静脈に注射するわけですが、なかなか刺さらなかったのか「ごめんなさい」と3回くらい看護師に小声で謝られることに…。

まあ、時間かかってるから「ちょっと手こずってるんだろうな」とベッドで仰向けになりながら思っていました。

謝られると逆に不安になってくるからやめて(´・ω・)

②白い液体を飲む

点滴が終わったらいよいよ胃カメラ検査が始まります。

まずは、検査を行いやすくするために胃の中を綺麗にする白い液体-消泡剤を飲みます。

量は小さなコップに半分くらいで本当に少なく、温度はぬるめで味はあまりしませんでした。

まず過ぎて飲めないということはないと思います…たぶん。

③3種類の麻酔を行う

消泡剤を飲んだ後は、検査室のベッドに横になり胃カメラを通す鼻からのどにかけて麻酔をします。

まずは、茶色っぽい液体を両方の鼻の穴に噴射します。

これは鼻の通りを良くする血管収縮剤という薬らしいです。

鼻の穴に噴射された薬がのどの方に垂れて来た時の感覚から、この薬は苦い味でした。

次に、半透明のゼリー状の麻酔薬を注射器で鼻に入れ、喉にかけて流します。

最後は、鉛筆のキャップのようなものを鼻の中に入れられました。

これにも薬が塗ってあったと思います。

これは、鼻からカメラを通すために鼻の穴を広げる意味もあるっぽいです。

④胃カメラを挿入

麻酔が終わるといよいよ胃カメラを鼻から挿入します。

鼻から喉にかけて麻酔をしているので僅かに痛みを感じることはありますが、激しいほどの痛みはありません。

ただ、やはり喉を通る時に「オエッ」と喉の反射が何回か起こりました。

まだ若い人だと喉も正常に機能するようなので麻酔をしても、私のように少し嘔吐反射をしてしまう人はいるようです。

喉を通り抜けた後はつらいこともなく、横になりながら医師と一緒に自分の胃や腸の中を見ていました。

また、喉を通り抜けた後はゆっくりと呼吸をすると楽です。

時計を見ることはできなかったので正確な時間はわかりませんが、胃から腸まで確認するのにかかった時間はおそらく5分程度

もちろん胃や腸の症状によって個人差は出てくると思います。

検査後について

検査後しばらくの間は麻酔により喉の機能が麻痺しているので飲食はできません。

私の時は大体1時間から2時間くらい空けました。

また、今回の胃カメラ検査でかかった費用は5,000円ほどです。

あと、翌日にはすっかり良くなりましたが、カメラを鼻から通す時に傷を負ったのか鼻血が出ました(笑)

 終わりに

人生初の胃カメラだったのでどんなことをされるのか興味はありましたが、正直もう2度としたくない検査です(笑)

ちなみに、私の診断結果は軽度の胃潰瘍でした。

胃の中の傷も自分の目で見えると安心できますね。(。-`ω-)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする