キャラ絵の抱き枕カバーをとっさに隠す緊急回避に役立つ便利なグッズ

抱き枕本体

アニメやゲームのキャラクターが描かれた抱き枕カバーを使っている人の中には友人や親が部屋に来訪した時の抱き枕の隠し場所に困っている方もいるんじゃないかと思います。

もちろん構わず使っている猛者もいるかと思いますが、やはり相手への印象や気遣いも込めて隠すというのも大事ですね。

そこでキャラクターの絵が描かれた抱き枕カバーをとっさに隠すのに便利な道具を紹介したいと思います。

 風景に溶け込ませる

キャラクターの絵柄が描かれた抱き枕カバーは、カバーのサイズにしっかりと合っている抱き枕を使うと着脱が共にけっこう時間がかかりますね。

カバーに対して一回り小さいサイズの抱き枕を使っているのならば、パンパンにならずカバーを取り外すのも割と手間はかかりません。

それで、押し入れなどに空きがあり抱き枕をしっかり隠せるならば問題はありませんが、かなりかさばるので置き場に困りますよね。

そこで、抱き枕の絵柄を一時的に隠す時に、カバーを外す必要もなく置き場を確保する必要もない方法があります。

それが、カバーの重ね掛けです。

「隠して置いておく場所が無ければ、抱き枕自体を隠さなければいい」という発想。

標準的なカバーだと160㎝x50㎝の大きさで、抱き枕もサイズをしっかり合わせているならこれと同じサイズでかなり大きいと思います。

この上からさらに一回りサイズの大きい無地の抱き枕カバーを被せることで、来客があった時などに一時的に絵柄を隠しておくことができます。

無地なので中を覗かれなければ問題ありませんし、そもそもわざわざ中を見る人もいないでしょう。

これをうまく活用すれば、実家で時々部屋に家族が入ってくる状況でも使うことができるかもしれませんね。

ただ抱き枕をいくつも使ってる豪の者は全部無地にしても怪しまれる可能性が高そうです(笑)

このカバーのサイズは『200㎝x55㎝』なので『160㎝x50㎝』の抱き枕を使用していても一回り大きくキャラ絵の抱き枕を隠すのに役立ちます。

色も豊富で値段も安いのでおすすめです。

横ファスナー型のカバーで簡単に装着

通常のカバーはカバーの短い方の辺にファスナーが付いているものが多いと思いますが、カバーの辺が長い方に付いている横ファスナー型もあります。

その名の通りファスナーで開ける範囲が多いので出し入れがしやすいのが特徴です。

このタイプは着脱が簡単に行えるので重ね掛けで隠す時には非常におすすめ。

ただ上の商品の場合、『160㎝x50㎝』の抱き枕を使うと、重ね掛け用のカバーのサイズも同じなので抱き枕のボリュームがあると入らない可能性もあり得るので注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする