これだけは覚えておきたい便利なショートカットキー

キーボード

パソコンには、通常マウスで行う操作をキーボードにあるキーを用いることで代替することができるショートカットキーと呼ばれる機能があります。

ショートカットキーで行える操作の数は非常に多く存在しますが、普通にマウスで操作した方が楽なものも多く全てを覚える必要はありません。

生活の中でパソコンをどの程度まで利用してるかによって使用するショートカットキーの頻度も変わってきますが、以下では個人的にどんな人でも利用する可能性があり、知っていると役に立つと思われるものを選びました。

スタート画面やPCを開くキー

基本的なことですが、知っておくと意外と役に立つのが、スタート画面とコンピューターを開くショートカットキーです。

スタート画面はウィンドウズ8や10ではニュースや天気などの情報が記されたタイルがある画面のことです。

このスタート画面は『ウィンドウズキー』を押すだけで開くことができます。

ウィンドウズキーというのはウィンドウズのマークが描かれているキーのことです。たいていキーボードの左下辺りにあります。

また、ピクチャ、ドキュメント、ハードディスクなどにアクセスできるPC(コンピューター)もショートカットキーで簡単に開くことができます。

PC(コンピューター)は『ウィンドウズキー+E』で一瞬にして開くことができます。

PC(コンピューター)はミュージックやピクチャのフォルダや接続したハードディスクなどを利用する時に開くと思うので知っていて損はないと思います。

文章作成やファイル操作に便利なショートカットキー

文章作成やファイル操作以外の場面でも、比較的に使用頻度が高い操作です。

コピペする時に便利なキー

『Ctrl+C』ではマウスの右クリックをしてから行う「コピー」と同じ操作ができます。

これに同じく『Ctrl+V』は「貼り付け」の操作ができるのでセットで覚えておくと役立つでしょう。

「Ctrlキー」、「Cキー」、「Vキー」の3つとも左手をあまり動かさずに押せる位置にあるので使いやすいショートカットキーです。

これを使用している人はかなり多いと思います。

一緒に覚えたいキー

コピーする文章やファイルが多い場合ドラッグや項目選択も少し面倒になってきますね。

そんな時に役立つショートカットキーが『Ctrl+A』です。「Ctrl+A」は、ウィンドウ内やファイル内の全項目を選択します。

コピーする文章やファイルが多い時は、「Ctrl」を押したまま「A→C→V」と順に押すだけで範囲内の全項目をコピーして貼り付けることができるので作業効率が上がるはずです。

ただ、いくつかの項目は選択から外したい場合もあるのではないでしょうか。

そのような時は、「Ctrl+A」で全選択した後に「Ctrl」を押したまま選択から外したい項目を左クリックするとクリックした項目だけ選択から外すことができます。

「Ctrl+C」は「コピー」でしたが、『Ctrl+X』でCの代わりにXを使うと「切り取り」を行うことができるので状況に応じて使い分けたいところです。

ウィンドウ操作に関するショートカットキー

ウィンドウの移動やブラウザの更新などはよく使うと思います。

1つの画面にウィンドウを2つ表示させる時に便利なキー

調べものをしたり、商品の比較をしたりと1つのディスプレイにウィンドウを二つ並べて行いたいと思ったことはあるはず。

そのような時に便利なのが『ウィンドウズキー+←・→』です。

ウィンドウズキーを押したまま←を押すと選択中のウィンドウが左側に画面のちょうど半分の大きさで表示されます。

左側に表示されたウィンドウは「ウィンドウズキー+→」でショートカットキーを使用する前の初期状態になり、もう一度「→」を押すと右側半分の大きさで表示されます。

つまり、このキーを使えば二つのウィンドウを画面の半分の大きさで左右に配置することができるのです。

人に見せられないページを隠して緊急回避するキー

誰しも一度くらいは人に見られたくないサイトを見ている時はあると思います。

家族や友人などの突然の出現時にこれらのページを一瞬にして隠す便利で最高に役立つショートカットキーがあります。

それが『ウィンドウズキー+D』になります。

この「ウィンドウズキー+D」を使用すると、開いてあるウィンドウが全て最小化されデスクトップ画面が表示されるので閲覧中のページを隠すことができます。

もう一度「ウィンドウズキー+D」を押すと最小化されたウィンドウが全て開けます。

Dの代わりに『M』を使っても全てのウィンドウを最小化することができますが、『D』と違いもう一度押しても全てのウィンドウが開かれないので注意。『ウィンドウズキー+D』の方が位置的にも使いやすいですね。

いざという時にはぜひ使用してみてください。

閲覧中のページを最新状態に更新するキー

見ているページが上手く表示されない時やいち早く更新内容を確認したい時に役立つのがページを最新状態にするキーです。

これは、『F5』か『Ctrl+R』を押すことで実行できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする